キャッシングサービスを提供する会社を知る

キャッシングサービスを提供する会社は、@正規の銀行A銀行系B信販系と3種類あります。

 

これらの会社はサービス内容こそ同じですが、その特徴は全く異なります。それぞれの特徴をよく知って、自分に合ったキャッシングサービスを利用してほしいです。

 

銀行のキャッシング

正規の銀行が行っているキャッシングサービスです。最大の特徴は、“銀行が行っている”という安心感です。都市銀行・地方銀行と挙げていくと、銀行のキャッシングサービスはかなりの会社で行われています。また、銀行によっては、100万円までのキャッシングなら所得証明なしでサービスを受けられます。

 

銀行系のキャッシング

「アコム」や「レイク」が有名な銀行系キャッシング会社でしょうか。いわゆる消費者金融が、銀行系のキャッシング会社だに当たります。ただし、銀行キャッシングと銀行系キャッシングは名前こそ似て、非なるものです。銀行キャッシングと銀行系キャッシングの最大の違いは、総量規制に関する点です。詳しい説明は、後述いたします。

 

信販系のキャッシング

クレジット会社等が行っているキャッシングサービスです。会社によっては、融資限度額が800万円という高額のキャッシングサービスも存在するようです。

 

それぞれの会社の違いは何なのか?

銀行、銀行系、信販系、それぞれの違いを一言で言うならば、総量規制の対象であるか/ないかです。総量規制とは、個人で借りることができる額は年収の3分の1までという決まりです。総量規制は、銀行のキャッシングは対象になりませんが、銀行系のキャッシングは対象になります。

 

かといって、銀行ならば多くの額を借りることができるかというと違います。銀行のキャッシングは、総量規制の対象にはなりませんが、審査にパスするハードルが高めです。そもそも高額のキャッシングサービスの提供をしていません。総じて考えると、銀行系のキャッシングとトントンとも言えます。

 

それぞれの会社の特徴は、以下のようになります。

 

@銀行のキャッシング…総量規制の対象外で金利が低い。審査は厳しく、時間もかかる。また、サービスの充実度は低い。

 

A銀行系のキャッシング…即日融資に強い。無利息期間やポイントといったサービスが充実している。銀行と比較すると、金利はやや高め。

 

B信販系のキャッシング…銀行系のキャッシングと似ている。比較的、審査にパスしやすい。

 

キャッシング専科の会社ではないことがあり、サービス面の充実度は低い。銀行や銀行系のキャッシング審査でパスできなかった人が利用する傾向があり、利用者は多い。それぞれにメリット・デメリットがありますが、できれば、銀行や銀行系のキャッシングを利用することをお勧めします。

 

キャッシングの利用申請を、同時に3社以上すると審査にパスしないという話があります。いわゆる“申込みブラック”です。ある程度の時間が過ぎれば名前は消えますが、利用申請にもある程度の注意を払った方がいいと思います。

 

まとめのはなし

以上が、キャッシングサービスを提供している会社の種類とそれぞれの特徴です。多くの人は、キャッシングというと銀行を選びます。なぜならば、銀行は社会的な信用度が高く、安心だからです。けれども、“安心だから”という理由だけで銀行を選ぶのは、少々もったいない気もします。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますから、視野を広げて検討する方が得な場合もあると思います。ただし、利用申請をむやみにしていくことはだけは、気をつけなければいけません。

キャッシングはどうやって申込をすればよいのか?

 

キャッシングの申込には、おもに次のような方法を取ります。

 

  1. 店舗で申込をする
  2. 自動契約機で申込をする
  3. インターネットで申込をする

 

できれば、申込には2か3を選ぶのがよいでしょう。というのも、業者側でも現在はどんどん店舗の数を少なくしているようなので、ひょっとすると申込に行った先で、誰か知っている人と鉢合わせしてしまうという可能性もなくはないからです。

 

また、対応の遅さから言ってもあまりおすすめとはいえません。電話で済ませられるような要件であれば、わざわざ店舗まで出向く必要はないといってよいでしょう。

 

自動契約機とインターネットはどっちが便利?

 

では、自動契約機とインターネットではどちらのほうがより便利なのでしょうか?自動契約機の最大の長所は、何といってもその対応の速さです。カードもその場で受け取ることができ、すぐに全国どこのATMからでも借入することができるようになります。

 

マイナス点としては、審査の結果が出るまで自動契約機のそばにいなければいけないということ。特に郊外の大通りに多く設置されているので、絶対に人に見られたくないという人には使い勝手が悪いかもしれません。インターネットからの申込であれば、自宅からでも利用できますし、借入も口座に振り込んでもらうことができるので、便利さではさらに上だと言えます。

 

ただし、こちらは銀行の営業時間に左右されるというマイナス点もあります。結論としては、2つをうまく使い分けるのが一番よいでしょう。たとえば、インターネットでまず申込をしておいて、カードを受け取るのは自動契約機へ出向く、という方法です。

 

これなら銀行の営業時間を気にする必要もありませんし、自宅にカードが送られてくることもないので、家族に知られるおそれもなくなります。ただし、細かい条件などは業者によっても異なってくるので、まずはあらかじめコールセンターなどで確認しておくとよいでしょう。

 

  • 申込には3つの方法がある!
  • 便利なのは自動契約機とインターネット!
  • 2つを組み合わせるとさらに便利!

 

人に見られないのが一番

このように、自動契約機を使ってもインターネットを使ってもマイナス面はあるのですが、どちらも借入する場面を見られるリスクは完全になくすことができます。なるべく人に知られたくないという人は、早いうちにすべての手続をインターネットで済ませられるようにしておきましょう!

カードローンの中でも少し特殊な銀行カードローン

 

銀行キャッシングと呼ばれる商品は他と何が違う?

キャッシングやカードローンは、限度額の範囲内で何度でも自由に借り入れができるという便利な特徴を持っています。借り入れには指定の銀行口座を使用し、口座を介して融資を受けたり返済を行うのが基本です。

 

また、更に便利な利用方法として、専用のATMやコンビニATMから借り入れや返済が行えるようになっている方法や、金融機関の窓口で直接融資を受ける方法などがあります。返済も分割で行うのが一般的で、手軽にお金を借りて少ない負担で返済が出来るのが魅力となっています。

 

キャッシングやカードローン商品は、提供している金融機関の種類によって異なる傾向を持っています。現在キャッシングの類の商品を扱っている金融機関としては、銀行や消費者金融、クレジットカード会社などが挙げられます。

 

銀行キャッシングの特徴とは

銀行キャッシングは、銀行から提供されているキャッシングサービスを指します。これは銀行から融資を受けることが可能な商品なので、消費者金融やクレジットカード会社の商品とは異なるメリットを持っているのです。

 

非常に低金利

銀行キャッシングは消費者金融やカード会社の商品に比べると非常に低金利です。銀行は他のキャッシング会社と比べると非常に大きな資本力を持っています。貸金業者である消費者金融などとは異なり、預金業務による収益も得ているからです。こうした大きな資本力によって低金利での融資が実現されているのです。

 

絶対の安心感

消費者金融はれっきとした金融機関ですが、それでもやはりマイナスイメージを抱かれてしまうことも少なくありません。それに対し、銀行は確かな金融機関であるというイメージが生じやすいと言えます。単なるイメージの問題ではありますが、どうしても不安を抱きやすいキャッシングだからこそ、より安心感を抱ける金融機関を利用することも重要なポイントなのです。

 

しかし、こうしたメリットに対して銀行ならではのデメリットも存在しています。それが、審査基準が若干厳しいという点です。銀行キャッシングを利用するには、きちんとした信用が必要になります。その為審査基準はおのずと厳しい傾向が強くなり、少しでも不安要素がある方は銀行キャッシングを利用することが出来なくなってしまうのです。

 

例えば他社からの借り入れ額が多い方や収入が安定していない方、それにキャッシングの申込みの際に虚偽の申告をした方などは審査の通過が難しくなります。しかしやはり他の金融機関とは異なる低金利の融資は非常に魅力的なので、お金を借りたい場合はまずは銀行キャッシングの審査を受けてみて結果を期待してみると良いでしょう。

 

銀行キャッシングのまとめ

銀行キャッシングの魅力は低い金利です。しかし、サービス内容などの点では消費者金融の方が魅力的な場合もあります。キャッシングを利用したい際はそれぞれのキャッシングの種類による内容の違いをきちんと理解し、自分に合った会社の商品を利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日