収入証明書の提出が必要な場合ってどんな時?

申し込んだその日のうちに、融資を受けたいという場合は、早めの手続きが一番です。そして、いきなり50万円以上の借り入れを希望しないことです。大きな金額の融資を申し込むと、審査に時間がかかってしまったり、提出する書類が増えてしまう可能性があるからです。

 

収入証明書が必要な場合

利用限度額が50万円を超える場合や、利用限度額と他社からの借り入れが合計100万円を超える場合は、収入証明書類の提出を求められます。提出方法は、ネットか店頭、又はFAXにて提出となります。収入証明書類とみなされる書類は、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、税額通知書・所得証明書です。

 

収入証明書の提出は、初回申し込み手続き時だけとは限りません。契約後に、複数のキャッシング会社から総額100万円を超える借り入れがあった場合は、突然、収入証明書の提出を求められるといったケースも出てきます。キャッシング会社では、3年に1度は、借り入れ状況の確認を行うように義務付けられているからです。そのため、収入証明書の提出を無視したことで、利用停止になってしまうこともあります。

 

総量規制で年収の3分の1以上の借り入れを禁止

キャッシング会社での借り入れの場合は、総量規制の影響がありますが、銀行系のカードローンであれば、総量規制の対象外となります。とは言っても、借り入れ額が大きくなると、返済能力を調べるたべに、収入証明書の提出以外にも、身辺調査が入り、審査に時間がかかります。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

スムーズな手続きをするためには

キャッシング会社を利用する目的は様々でしょうが、無理のない返済をするためにも、融資額は、50万円以内にしておくことが無難です。返済期日を守っていれば後々、キャッシング会社の方から、増額融資の勧誘があるかもしれません。

 

逆に、このまま上限までキャッシングしたら返済が難しくなると、判断されてしまうと、利用限度額が減らされてしまうケースもあります。返済日が必ず遅れる・返済日が遅れそうな時に事前に連絡をしないといったことが続くと、心象が悪くなって減額対象とされてしまいますので、気を付けましょう。

 

分相応な借り入れをしましょう

キャッシング会社の宣伝などに記載されている最大融資額が、必ず借りることができる限度額とは限りません。利用限度額は、年収が高く、勤続年数の高い正社員で且つ、他社の借り入れが無ければ、利用限度額を高くすることも簡単でしょう。ですが、アルバイトや非正規社員となれば、返済能力を疑われてしまいますので、初めは最低限の金額の借り入れで利用するのが一番です。

 

審査結果によっては

キャッシングの過去が無く、金融機関でのトラブルが無いなど、優良顧客と判断された場合は、実際にキャッシングした額よりも多く借りることができる場合もあります。気になる方は、事前にキャッシング会社のサイト上にあるお試し診断で、融資が可能かどうかを試してみることをお勧めします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日