自宅への度重なる郵送物は疑惑を招く!?

以前は学生にはキャッシングは無理、という状況がありましたが、現在では限度額にこだわらなければ、学生の方でもキャッシングすることは可能です。もちろんその場合、アルバイトやパート収入が安定していることが条件になります。キャッシングをする場合には、自分の収入を考え合わせ、計画的に行わなければなりません。計画的な借入と返済を心がけていれば、親に知られることなくキャッシングをすることも可能です。

 

キャッシングの審査で気になるのが、本人確認の連絡や在籍確認などですが、まず本人確認の場合、これは申し込んだ本人に対して行われますので心配ありません。在籍確認もアルバイト先にかかってきますので、実家に対しての連絡はありません。これはしかし一人暮しをしている場合で、実家で両親と同居している場合には少々事情が異なります。たとえばキャッシング会社からの郵送物なども実家に届いてしまいますので、この場合は注意が必要です。

 

たとえば契約書の送付、カードの送付、その他お知らせなど、郵送で届けられるものもあります。もちろん、送り先の会社がキャッシング会社と分からないよう、会社名はふせられていますが、封筒の表面に赤字で親展と書かれていることも多く、これがかえって災いすることもあるようです。

 

学生である子供に対して、親展と印刷された郵送物が送られてくると、親としては当然心配になります。親展とは書かれているものの、つい開封してしまい、子供がキャッシングに申し込んでいたという事実を知らされる親も少なくありません。

 

キャッシング会社からの郵送物というと督促状を思い浮かべますので、返済日にきちんと返済していけば、自宅に対して郵送物が送られることなどない、と思うかもしれませんが、郵便物は督促状だけではありません。学生であっても、借入と返済をきちんとこなしている方は、キャッシング会社からすると有望な顧客になります。そのためある程度借入・返済実績を積むと、今度はキャッシング会社からのダイレクトメールが届くようになります。

 

キャンペーンのお知らせや増額融資のお誘いなど、さまざまな形で営業をかけているキャッシング会社もありますので注意が必要です。このようなダイレクトメールをストップするには、カスタマーセンターなどに連絡して、配布を希望しない旨を伝えます。このように郵送物が自宅に送信されることにより、親にバレてしまうパターンが多いのが、学生の方のキャッシングの特徴です。

 

キャッシング会社選びが重要

このような事態を招かないようにするには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。第一に重要なのは、キャッシング会社を上手に選ぶことです。出来れば大手の会社を利用するようにしましょう。大手の会社ならば、闇雲にダイレクトメールを送ってくることもありませんので安心です。

 

ウェブ上で申込みから振込み依頼まですべてが完了する会社を選ぶのがポイント。中小のキャッシング会社は互いに顧客集客にしのぎを削っていますので、ダイレクトメールによる勧誘も自然と多くなる傾向にあります。ネットで申込みを行い、自動契約機でカードを受取るようにすると、自宅への郵送の必要がなくなります。

 

ネットでの申し込みはパソコンだけではなく、スマホからのアクセスでも可能ですので、自宅のパソコンが家族共有という方はスマホから申し込むほうが無難です。スマホからの申込みであれば、家族に知られることなく、申込みから契約まですべて完了します。どこからでも申込みや振込み依頼が出来ますので、手軽に申込みが出来て便利です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日