内密に進めるには、自宅に郵送されないことが大切

お金に困っている時、突然の出費に悩んでいる時、そんな時のためにキャッシングはとても役立つサーピスですよね。全てを自己責任で利用することができ、保証人や担保は全く必要になりません。しかしキャッシングといっても、結局はお金を借りるという行為です。

 

プライベートなことなので誰にも知られたくないと思う人やなによりも家族には知られたくないという人も当然いるでしょう。赤の他人からの視線であればネット利用や無人契約機を駆使すれば誰とも顔を合わせることもなく利用できますが、いつでも同じ家にいる家族にも内密に進めることはできるのでしょうか?このことに悩み利用を戸惑っている人も多いはずですが、まず結論から言ってしまうと、そのように利用することは可能です。しかし普通に進めていくだけではダメですので、以下の手順を踏む必要があります。

 

郵送物について

1つ目のポイントは郵送物についてです。キャッシングを内密に進めるにあたり最もクリアしなくてはいけない壁と言ってしまっても過言ではないでしょう。内密に進めたいと思っている方でも、大半の方がこのポイントで悩み、ここでバレてしまうのではないでしょうか?つまりは、郵送物が自宅に届いてしまうということです。

 

いくら審査までの段階で内密にに進められていたとしても、通過後には会社との契約書類が届いてしまいバレてしまいます。なのでこの郵送の手間を省かなくてはいけないのですが、そのためにはWEBで全ての作業を終わらせてしまうことが良いと言えるでしょう。幾つもある会社の中には、WEBでの作業で全てを済ませられる会社もあります。本人確認の手続きや写真をネットを通して済ましてしまうのです。さらに近年では、スマートフォンの発達により会社が配信しているアプリを使い作業を行える会社も増えてきています。

 

発行されるカード

2つめのポイントも郵送物についてですが、次は発行されるカードのことです。キャッシングは審査通過後に発行されるカードを使うカードローンが主流ですが、これが自宅に届いてしまうと、またバレる原因になってしまいますよね?しかしこれは案外簡単に解決できる問題です。大手の会社では、必ずと言って良いほど無人契約機というものを設置しています。その名の通り無人の契約機だけを通して作業が行えるものですが、ネットでも窓口にしろ審査通過後にこの機械を利用すれば、ここからカードを発行することができます。

 

しかし中には、住んでいる地域に無人契約機がないという方もいると思いますが、こういった場合には、郵送物を自宅に届けずに郵便局にそのまま保管しておいてもらえる郵便局留めの利用がおすすめです。自らが郵送物を取りに行く形になるので、家族が受け取っていまう心配もありません。

 

借入

最後のポイントは借入です。借入方法にも、ATMや口座振り込みなどがありますが、まず口座振り込みは避けるべきと言えます。いっけん内密のようにも思えますが、この場合自宅に利用明細が届いてしまうのでそれが発端になる可能性もあります。利用明細に限っては、正当に利用されているかの確認でもある一種の義務付けですので、発行を止めることはまず考えられません。

 

そのためATMが一番適してると言えるでしょう。ATMですと利用明細もその場での発行になりますし、コンビニなど利用できる場所も増えてきているので身近に利用できるのではないでしょうか?また、無人契約機にはATMも併設されているので、カードを発行した後直ぐに、借入を利用することもできます。

 

それと、これは基本中の基本ですが、返済日は絶対厳守です。滞納してしまうと会社側から必ず連絡が入りますし、ハガキが届くこともあります。もっとも、これはバレるバレないの前にキャッシング利用の基本です。しかし内密に利用した上に返済が遅れたことまで知れてしまえば、元も子もないですよね?そのようなことも考えた上で内密に利用するのか、家族に打ち明けるのかをしっかりと考えましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日